校区の概要
 本校は光市の北部,島田川以西の三井地区を校区としている。古来,純農村として栄えてきたところであるが,周南工業地域の発展などにより,山林が団地となり,学校周囲の田畑も住宅化してきている。
 また,平成2年12月に山陽自動車道の熊毛インターチェンジが開通し,道路(光・徳山線)の整備と共に,交通量が急増してきており,道路沿いの田畑も次第に住宅化しつつある。
 山林や田畑の住宅化に伴い,転入者も約7割をしめるほどに漸増しているが,在住者と共にPTA活動は組織的によく行われ,学校にも協力的であり,地域の教育に対する関心は高い。